丸子浅間神社の結婚式

縁結びの神様「木花開耶姫命」の前で、結婚のお誓いを立ててみませんか?

「木花開耶姫命」の神話はこちら

縁結びの神様をお祀りしている神社だからこそ、おふたりの門出にふさわしく、ご両家にとって最良の日となるようご奉仕いたします。

お問い合わせ方法

お参りの際に社務所へお立ちよりいただくか、お電話やInstagramのダイレクトメッセージなどでもお気軽にお問い合わせください。

055-962-0330

結婚式の流れ

1.参進(入場)

新郎新婦は、神職・巫女の先導のもと、ご両家の親族と共に境内を歩き、社殿へと向かいます。

2.修祓の儀

結婚式斎行にあたり、新郎新婦をはじめ、ご参列のみなさまをお祓いします。

3.祝詞奏上

神職が新郎新婦のおふたりの結婚を神様にご奉告いたします。

4.三献の儀

三々九度とも呼ばれ、新郎新婦とご両家のご家族が栄えることをお祈りして、新郎新婦が盃をかわします。

5.誓いの言葉奏上

新郎新婦がご神前にて、夫婦として誓いの言葉を述べます。

6.指輪交換

新郎新婦が、永遠の愛の象徴とされる結婚指輪をお互いの指にはめ、交換します。

7.玉串拝礼

新郎新婦とご両家の代表の方が、玉串をご神前にお供えして、拝礼をします。

8.親族かための盃


ご両家の繁栄を祈願して、新郎新婦とご参列の親族、みなさまで盃をかわします。

祭典・行事のお知らせや報告、御守りなどの授与品、境内の様子などをご紹介しています。